事業化に向けた背景

  本地区は、伊達市都市計画マスタープランにおいて、都市づくりの重点政策として重点整備地区に設定し、伊達市の定住を促進する新たな住宅団地の開発地区と位置付けられている。また、地区の近隣に計画中の「東北中央自動車道(相馬福島道路)インターチェンジ」の建設によって大きなインパクトを受け、今後都市基盤の要請が急速に高まることが予想され、「(仮称)保原伊達線」、「(仮称)高子駅南北線」の整備に伴い、保原市街地及び周辺に計画されている「(仮称)まちの駅保原観光交流ゾーン」等へも近く、「伊達市健幸都市基本計画」の基本理念を踏まえた「誇りをもてる先導的まちづくりモデル」になるよう計画することで“良好な住宅市街地としてのポテンシャル”が高まると考えられる。

 保原地区の土地利用方針として、阿武隈急行の駅前については、地域の玄関口にふさわしい駅周辺整備と機能の充実に努め、公共交通機関の利便性の向上と利用の促進を図るとしている。宅地化が進んでいる高子駅、上保原駅周辺は一定のルールに基づく計画的な宅地化を誘導するとし、「高子駅北側」は、定住促進のための新たな住宅地整備(土地区画整理事業等)を推進する良好な住宅地を形成するゾーンとした整備が求められている。